投稿 の一覧

第95回 雲仙国際テニストーナメント

標記大会の結果を掲載致します。

「9/4(土)~5(日)三菱電機ファルコンズとの強化練習中止のお知らせ」について

標題の件につきまして、昨今の「コロナ禍」における感染状況により、中止いたします。

                            長崎県国体強化委員長:徳吉 剛

日本マスターズ2021長崎県予選

標記大会の結果を掲載致します。 尚、優勝者は

「全日本スポーツマスターズ2021」全国大会(9 月 18 日
~ 岡山)に出場されます。

男子35歳以上 シングルス 松永貴成(十八親和銀行)

女子40歳以上 シングルス 松林摩耶(チームクレパス)

男子45歳以上 ダブルス 奥野千尋(プリンスTC) ・ 小森誠一郎(プリンスTC)

女子40歳以上 ダブルス 本田裕美(サンリッチ)・ 松山奈央(サンリッチ)

令和3年度 第35回 長崎県教職員テニス選手権大会の中止について

令和3年度 第35回長崎県教職員テニス選手権大会は新型コロナウイルスの影響

を考え、残念ながら開催を中止することになりました。 令和4年1月には新春教職員テニス大会を予定しておりますので、参加をお願いいたします。

第95回雲仙国際テニストーナメント大会

標記大会の要項06、コロナ感染予防注意事項05、及びドローを掲載致します。

尚、参加料振り込みを早めにお願い致します。

  振込先 銀行名:十八親和銀行 馬町支店

      口座番号:普通 1498388

      口座名:長崎県テニス協会トーナメント会計 菊田 広

7/10(土)~11(日)「九州ブロック大会(福岡県)」結果報告について

7/10(土)~11(日)の2日間、福岡市:博多の森テニス競技場にて、「2021年度九州ブロック大会」が開催され、本県からは

  監督:徳吉 剛(長崎国際大学)

  強化支援コーチ:山口 大輝(十八親和銀行)

  トレーナー:田中 博司(田中カイロプラクティック)

  成年男子選手:田畑佑馬(福岡大学)、田中翔(鹿屋体育大学)、藤浪巧(福岡大学)

  成年女子選手:本田恵琉(山梨学院大学)、原田真実子(山梨学院大学)、長澤由佳(東ファーマシー)

 のメンバーにて参加し、結果は、残念ながら、三重国体の出場権を獲得することは出来なかった。

 今大会、成年男子は1回戦:大分県戦で敗退し、フィードインコンソレーション1回戦:佐賀県戦へ。No.1シングルス:田畑選手が敗退し、No.2シングルス:田中選手がタイブレークまで持ち込みましたが、惜敗。この時点で、本国体出場権を獲得することは出来なかった。

 田畑、田中の両選手とも、初出場である九州ブロック大会、持っている力の50%も出せていなく、両選手とも悔いが残る結果になったのではと思います。ただ、大会終了後は、「来年、必ずリベンジし、本国体に行きます。」と力強く語ってくれました。また藤浪選手もベンチコーチや全体的な選手・スタッフへのサポートを長崎県チームのために頑張ってくれました。

 一方、成年女子は、出場した3試合、全てシングルス・ダブルスまで持ち込む試合展開となりました。1回戦:大分県戦、ダブルス勝負で本田・原田組、2人の所属が山梨学院大学であることから2人の良いコンビネーションもあり9-7で勝利し、本戦準決勝:沖縄県戦。この試合もダブルス勝負になり、惜敗し、本国体出場決定戦(フィードインコンソレーション)の宮崎県戦へ。No.1シングルス:本田選手が敗退し、No.2シングルス:原田選手の試合、序盤3-0、6-3とリードし、終盤一時逆転されたが、8-8タイブレークに持ち込み、9-8(5)で勝利し、ダブルス勝負に持ち込みましたが、ダブルス惜敗し、本国体出場権を獲得することは出来なかった。

 本田、原田の両選手とも普段、関東地区の大学にて練習、試合で頑張っていることもあり、今大会、本国体出場権を獲得するまであと一歩。

男子同様、「来年、必ずリベンジし、本国体に行きます。」と力強く語ってくれました。また長澤選手もベンチコーチや全体的な選手・スタッフへのサポートを長崎県チームのために頑張ってくれました。

 また前回の九州ブロック大会から、トレーナーとして本県チームに帯同していただいた田中博司トレーナー、朝、試合前、夜と選手の身体のケアを懸命に行っていただき、本当に感謝申し上げます。

 今大会において、本県テニス協会菊田会長、山口理事長他、長崎県競技力向上対策本部の皆さま、長崎県スポーツ協会の皆さまが応援に駆けつけていただき、本当にありがとうございました。選手も本当に喜んでおりました。

 ライブ動画の配信により、たくさんの方々のご声援、本当にありがとうございました。本県選手団、来年の本国体出場権獲得に向けて、またこれからも頑張ります。

 またテニス愛好者の皆さま、昨今の「コロナ禍」における感染症対策、並びにこれから暑くなりますので「熱中症対策」を十分に行っていただき、テニスを楽しんでください。

 今後ともテニス競技成年選手団、どうぞよろしくお願いします。

     長崎県テニス協会 会長 菊田 広

         国体強化委員長 徳吉 剛

「2021年度長崎県国体少年男女選考会(一次選考会、最終選考会)」、長崎県少年男女代表選手決定!!

7/22(木)、7/23(金)の2日間にかけて、「2021年度長崎県国体少年男女選考会(一次選考会、最終選考会)」を開催しました。

出場した選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。

 同選考会は、本年度開催される「三重国体」において、少年種別における「長崎県国体代表選手」を選出する大会です。

 このテニス競技における「少年種別」の対象学年は、中学3年生から高校3年生までとなっております。

 同選考会、1日目は「一次選考会」、2日目は「一次選考会」の上位4名と高総体1位・2位の選手が加わっての「最終選考会」が行われました。

 その結果、

 【少年男子】1位:今里翔吾(海星高校)、2位:鳥井俊作(海星高校)、3位:安田圭太郎(長崎東高校)

 【少年女子】1位:荒木美鈴(海星高校)、2位:末吉彩望(海星高校)、3位:川上くるみ(海星高校)

 となりました。

 代表選手になった選手の皆さん、「三重国体」に向けて、しっかり練習して、長崎県のためにも頑張りましょう。

 また今回、惜しくも代表選手にならなかった高校3年生は、来年度、成年種別における「長崎県国体代表選手」への挑戦、また現在、中学3年生、高校1年生、2年生の皆さんはこれからまたしっかり練習して来年挑戦してください。

 長崎県テニス協会国体強化委員長:徳吉 剛

 添付資料の写真については、

  IMG7424:(左)今里、(右)鳥井

  IMG7425:(左)荒木、(右)末吉

 です。

日本スポーツマスターズ2021 第21回長崎県予選大会

標記大会の要項04、コロナ感染注意事項05、ドロー01を掲載致します。

「2021年度少年種別代表選手選考会7/22(木)~23(金)」対戦表及び注意事項について

標記の大会につきまして、「対戦表 01 02」と「開催要項及び注意事項 03」を添付していますので、選手の皆さん、帯同される方については、添付資料を確実に一読いただき、ご対応をどうぞよろしくお願いいたします。

なお、同選考会の対戦表等については、内容等を変更しない限り、同選考会当日、選考会資料は配布いたしませんので、ご自身で印刷をお願いいたします。

2021.7.13長崎県テニス協会国体選手選考委員会

第41回九州ブロック大会 動画配信の件

国体九州ブロック大会(7/10~11)開催中に九州ブロック大会福岡県実行委員会、福岡県スポーツ推進基金により、競技の模様のオンライン配信事業が計画されておりますのでお知らせ致します。

下記ホームページより配信動画の閲覧が出来ます。

動画配信ページ FUKUOKA SPORTS 第41回九州ブロック大会

https://fukuokasports.org/messageboard/detail/20210710-11tennis

というお知らせが来ました。

同大会は無観客試合となっておりますが、長崎県テニス協会ホームページ、並びに長崎県高体連テニス専門部ホームページに掲載いただき、ご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

なお、今回の九州ブロック大会は以下のメンバーで参加いたします。

 監督:徳吉 剛(長崎国際大学:長崎県テニス協会国体強化委員長、兼成年女子強化スタッフ)

 指導者:山口 大輝(十八親和銀行:成年男子強化スタッフ)

 選手:成年男子)田畑 佑馬(海星高校⇒福岡大学)、田中 翔(海星高校⇒鹿屋体育大学)、藤浪 巧(海星高校⇒福岡大学)

    成年女子)本田 恵琉(九州文化学園高校⇒山梨学院大学)、原田 真実子(相浦中学校⇒四日市商業高校⇒山梨学院大学)、長澤 由佳(九州文化学園高校⇒長崎国際大学⇒東ファーマシー㈱)

 トレーナー:田中 博司(田中カイロプラクティス) 皆さんのご声援を画面を通して、どうぞよろしくお願いいたします。